Power Queryで関数を使用する方法

Power Query

こんにちは!ウメハラ(plumfield56)です。

前回はlet式を実際に使ってみましたので、今回は関数を使用していきたいと思います。

関数を使ってみる

前回と同様公式サイトに載っている関数を試していきたいと思います。

記載方法はJavaScriptの関数リテラルと同じ方法になります。

変数に関数を入れた場合、変数名()で呼び出すことが可能です。

let
    MyFunction = (仮引数1, 仮引数2) => 処理, 
    Result = MyFunction(引数1, 引数2) 
in
    Result

実際に数値を入れてみると下記のようになります。

let
    MyFunction = (x, y, z) => x + y + z, 
    Result = MyFunction(1, 2, 3) 
in
    Result //6

公式サイトだけで初見だとどうやってエディターで表示させるかわかりづらいですが、

前回と同様にinの後に出力したい内容を記述すれば大丈夫です。

関数の中でlet式を使用

関数の中で復習行に分けて処理をしたい場合は、関数の中でlet式を使用することが可能です。

let
    MyFunction = (x, y, z) =>
        let
            Result1 = x + y,
            Result2 = Result1 + z
        in
            Result2
in
    MyFunction(1, 2, 3) //6

このシリーズの目次

1.Power Queryでlet式を使用する方法
2.Power Queryで関数を使用する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました